素戔嗚尊を遥拝する伊勢神宮

伊勢神宮内宮本殿は南面しているので、参拝する人は、北向に参拝をすることになります。
内宮本殿から北に直線で80Kmほど行くと、そこには素戔嗚尊を祀る津島神社があります。
つまり、伊勢神宮内宮に参拝すると、天照大御神を参拝すると同時に、素戔嗚尊を遥拝していることになります。
さらに、北に15Kmほど行くと若干東にはずれますが誤差の範囲に、真清田神社がありこちらは饒速日尊(素戔嗚尊の子)を祀っており、饒速日尊は以前にも書いてますが、もうひとりの天照でもあります。
それぞれの神社は、独立して建てられたのか、このようなレイラインを念頭において建てられているのかは、わかりませんが、(結果として)実に深い意味を持っています。