女系天皇について

女系天皇について、次の国会で法案提出されるようです。
#女系天皇と女性天皇は異なるものなので、女性天皇=女系天皇と思っている人がいたら、こちらを読んでみてください。
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20060110A/index.htm
さて、女系天皇を認めるのかどうかについて、先日東京大神宮で天照大御神さんに聞いてみたとことろでは、
 ・今後は男女の区別無く第1子となる。
 ・男系だけでなく、女系天皇も認めることは、日本が栄える基盤となる。
 ・天皇のあり方が変わるべき時期に来ている。
ということでした。
てっきり、今の流れについて色々と物申すということを想像していたので、以外な結果でした。
今回の女系天皇への流れについて、マスコミ・国会議員・直系でない皇族からは色々と議論があるのですが、当の宮内庁、天皇陛下からは異議が申し立てられていないことを見ると、既に天皇陛下と宮内庁では、今後は第1子ということを決めているのかもしれません。
そういった皇室の歴史から見れば大きな転換において、人間側だけで決めるということは考えにくいので、皇室でも神様への伺いを立てているはずです。
ここからは、推測ですが、戦後皇室典範を変更した時点で、現在の事態は予測が出来ることであることも考えると、皇室の考えとしては既に決まっているように思えます。
そもそも、皇室の始まりは女性である天照大御神から始まっていることを考えると、女系天皇というのは、原点回帰ということなのかもしれませんね。