秩父神社に呼ばれる

最近呼ばれることが多くて、まだ書いてない神社も色々とあります。


7月20日(火)、病院で検査結果の診断があり、午後三時過ぎまでかかっていたのですが、ようやく終わり帰ろうとすると「秩父(神社)」と言う声が。

この日は、このあと地元で少し買い物して帰るつもりだったので、こんな時間から秩父に行っても、到着するのは神社の門が閉まっている時間を過ぎるだろうし、行って意味あるのか?と思いましたが、呼ばれたので(秩父市内をぐるっと廻るだけかもしれないけど)ひとまず行ってみることに。

そういえば、川瀬祭(リンク)の最終日が今日なのを想い出して、市内に交通規制があれば時間内に着くのはかなり難しいと思いつつも車を走らせます。

関越道、皆野寄居バイパスを通って、秩父に向かいます。

社務所は基本的に17時までなのですが、なんときっちり5分前に到着。

さっそく参拝して、

川瀬祭の時に、社務所で一家族に一枚ずつ無料配布している、素戔嗚さんの悪疫退散・六根清浄の紙札を頂いてきました。
公式ページには、このお札のことは書かれていません。知っている人だけが頂けるお札です。

最初の写真の「下乗 立て札」の下にも貼ってある通り、お札がある場所から内側に悪疫を入れず、内側を清浄に保つものです。社務所の自動扉にも貼ってあります。

これは、昨年12月に玄関に貼りました。
頂いたのは川瀬祭りの7月だったのですが、そのまま置いてあって12月に思い出して貼ったものです。お札は一年間有効です。

秩父神社で配布している、赤いスサノオの御札を玄関に貼りました。 秩父神社境内左手にある日御碕宮の素戔嗚尊(スサノオ)の...

おかげさまで、自宅は新型コロナの感染もなく落ち着いた状態を保っています。
川瀬祭りの時期となって、そろそろ張り替えかなと思っていたので、丁度良いタイミングです。

川瀬祭りは、新型コロナ対策の関係で、新職のみで行われました。

上の写真は、「天王柱立て神事」で建てた柱。
秩父の町内では、祇園柱もしくは天王柱と呼ばれる柱待つを立てて、素戔嗚(牛頭天王)をお迎えして、悪疫の退散を祈願する儀式がありました。現在では川瀬祭りの宵宮である7月19日に行われる「天王柱立て神事」で建てられました。

例年であれば夏の例大祭として、7月19-20日には笠鉾4基、屋台4基の山車が繰り出します。
秩父夜祭りが冬の祭りとすれば、川瀬祭りは夏の祭りになります。
来年は、本来の姿で行われるように祈念します。

お札を頂いてから、秩父神社境内の日御碕社にも参拝します。

日御碕社に向かって左手には諏訪神社もあり、そちらにも参拝して終了です。

この後は、中蒔田の椋神社、聖神社にも参拝して帰途につきました。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。