心のシフトに必要なこと(補足追記あり)

潜在意識の書き換えで、重要なことに「ポジティブ指向」があります。

ところが、「ネガティブ指向」を持っている人が以外と多いという事実があります。ネガティブ指向というのは、多くの場合親のしつけが原因です。

「あれをやってはいけない」「これをやってはいけない」「おまえにできるわけがない」「どうせむり」「やるだけムダ」こんな言葉を子供の頃に沢山受取っています。
親としては、子供を育てる上で大切なしつけだと思って子供と接しているのですが、これが元で「ネガティブ指向」が育っていきます。

「ネガティブ指向」の特徴は、[原因] → [結果] がかならずセットになっているということです。原因=理由があるから、ネガティブになるわけです。

ところが「ポジティブ指向」には、原因(=理由)がありません。ポジティブになるのには理由はいりません。そこが大きな違いです。

多くの人がポジティブになるのに、何か理由が必要だと思い込んでいるのですが、そんなものは必要ありません。

また、良く聞かれるのが、ポジティブ指向になるための方法。
ポジティブになる方法を手に入れようとしているのは「ネガティブ指向」に陥っている証拠です。

これは方法ではなく、気付きです。

心のシフトとは、理由なくポジティブになることです。
理由は、ポジティブになってから探せばいいのです。

(補足追記)
原因と結果という二つの要素は、二元世界という分離世界において初めて現れます。
ワンネスという全てが一つというとき、この分離である原因と結果は霧散し消滅します。

つまり、ネガティブ指向というのは後から現れたものであり、大元のワンネスには生み出すというポジティブ指向しか存在しないということです。

だから、ポジティブには原因も理由もないのです。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。