神社

神社

進雄神社と玉村八幡宮

先日、スサノオさんに聞きたいことがあって、高崎の進雄神社に行ってきました。 南千住の素盞雄神社でもお話は出来るのですが、南千住だと下町の良い叔父さん風になるので、質問しても「俺がついてるから大丈夫!」とか、ちょっと大雑把な回答になることが多...
神社

天照大御神を祀る石浜神社と建設業の二神を祀る麁香神社

こちらの記事で書いた麁香神社(あらかじんじゃ)に行ってきました。 麁香神社は石浜神社境内にあるので、まず石浜神社に行きます。 石浜神社は聖武天皇の神亀元年(724)鎮座なので、1300年の歴史ある神社です。 隅田川西岸は、岩場があり過去には...
神社

東京大神宮の桜開花

久しぶりに、東京大神宮に行ってきました。 東京大神宮本拝殿は普通に写真を撮ると後方のビル(東京区政会館)が写りこんでしまいます。過去の写真、赤丸の部分。 ビルが見えなくなるまで社殿に接近して広角で撮影すると綺麗に撮影できます。 この日は快晴...
神社

茅の輪のくぐり方 エネルギー的に見ると左2右2が良い

6月と12月に大祓がありますが、それに向けて各地の神社では茅の輪が設置されます。 ※写真は、玉敷神社(リンク)の茅の輪。 茅の輪の由来 茅の輪は、スサノオノミコトが旅の途中に宿を求めたもののなかなか泊めてもらう家が無かったところ、喜んでスサ...
神社

建設業の神社

商人や医薬の神社は良くあるのですが、 商人=伏見稲荷 医薬=少彦名を祭る神社 土木建設業関係の神社となると、なかなか見かけません。 伊勢神宮の建立など建設業は、神社と深い関係があるのですが、なぜか建設業関係の神社は見かけることがありません。...
神社

縁結びの神社 [3/18更新]

縁結びの神社というと出雲大社が有名ですが、出雲大社が誰にでも良い神社かというと、必ずしもそうではありません。人それぞれですから、全ての人に出雲大社が縁結びの神社ということではありません。 出雲大社は、東京からは少し遠いので、関東周辺の出雲大...
神社

アクセスが多いので龍神祝詞の記事を更新してPDFでダウンロード出来るようにしました

竹生島 龍神祝詞のページは、ずいぶん前に作成したのですがアクセスが多いので、記事を更新し、PDFでダウンロード出来るようにしました。
神社

寒川神社参拝は、春分/夏至/秋分がお勧め

二至二分とは、「夏至、冬至」の二至と「春分、秋分」の二分を表した言葉で、天文学的にも暦を作る上で起点となる日です。 二至二分の日は、天と地が近くなる日です。そのため、春分と秋分はお彼岸と呼ばれ、先祖が住むあの世とこの世が最も近づくため、死ん...
神社

出雲大社相模分祠の立春大吉縁起 2024年

●出雲大社相模分祠 神奈川県秦野市に、出雲大社相模分祠(いずもたいしゃ さがみ ぶんし)があります。 分祠とは、島根の出雲大社から分霊した神を祀る正当な神社であるということを表しています。 出雲大社の分祠は東京や大阪、神戸、広島、松山などに...
神社

栃木市方面の神社に呼ばれました [2/7記事完]

どこからなのか分からないけど、呼ばれているので車を出します。 ガイドさんの声に従って、東北道→北関東自動車道と進みます。 家中 猿田彦神社 これまで下りたことのない「都賀IC」で降りるというので、降りて県道を右に進むと、交差点で左に曲がりま...
神社

新春 昇運昇龍御朱印

筑波山の金運神社の調査で大前神社にも参拝しました。 今年の干支である辰の昇龍御朱印が、絵柄もエネルギーもとても良いので頂いてきました。いい書き手さんの龍絵ですね。 アクリルパネルに入れて神棚に上げてますが、とても良い感じです。 公式HP: ...
神社

筑波山の金運神社を探す 続編 プロローグ [1/22更新]

こちらの記事で、筑波山と関係する金運神社について書いていますが、 その後新しい事が出てきたので、再び筑波山方面に行ってきました。 筑波山方面を435Km走って、新たなことがわかりました。 調べたことをどう纏めていくかを考えているところなので...
神社

小鹿神社 元宮

小鹿神社(おしかじんじゃ)は、元々赤平川沿いにあったのですが、明治43年の洪水で境内が浸水してしまったため、現在の地に移転しています。 赤平川沿いの旧本殿は小鹿神社本宮(元宮)として残っており、小鹿野 春まつりでは屋台が現本殿と旧本殿を往復...
神社

進雄神社でお札を返す

今年の初詣は小鹿神社に行きましたが、進雄神社のお札を返してないことを想い出したので、1月3日に進雄神社に行ってきました。 お札を返すのは、近くの神社でも良いのですが、お礼参りも含めて行ってきました。 鳥居の外まで並ぶ参拝列に並んで、お札を古...
神社

今年の初詣は小鹿神社 [1/6更新]

例年初詣は、あらかじめどこに行くのか決めず、車を出してから神様に道を聞きながら進んで、たどり着いた神社に参拝しています。 今年の初詣は小鹿神社になりました。 小鹿神社 小鹿神社(おしかじんじゃ)は、埼玉県秩父郡小鹿野町(おがのまち)にある小...
神社

大洗磯崎神社 神磯の鳥居の作り方

大洗磯崎神社には、神磯の鳥居という海岸に立つ鳥居があります。 建ってから約60年が経つのですが、常に波に晒されても倒れることなく、東日本大震災の津波にも耐えた鳥居です。 これほど厳しい環境に耐える鳥居をどうやって建てたのかを調べていたら、こ...
神社

元旦が最上吉日の大前神社

29日に呼ばれて、大宝八幡宮と大前神社(大前恵比須神社)に行ってきました。 この二社は金運神社として知られており、今回新たに神様から教えてもらったことがありますが、少し長くなるので後ほど書きたいと思います。 大前神社では、元旦が最上吉日だそ...
神社

箱根方面 冬至日出ライン神社 [12/18更新]

冬至に行くと良い神社を教えて欲しい、という問い合わせがあったので、箱根方面で調べてみました。 真鶴の貴船神社は歴史のある神社です。 拝殿からの参拝方向が冬至の日出方向になります。 貴船神社を起点に冬至の日出ライン(120度)を引くと、 箱根...
神社

素盞雄神社のイチョウ

穴八幡宮に行った後、 「比較的近場で、スサノオさんとお話しできる神社で行った事がない所を教えて」と話して、連れていかれた神社が、南千住の素盞雄神社でした。 近場で他に良い所は無いのか・・・ スサノオさんとお話出来る神社としてお勧めしているの...
神社

神社千本ノック [11/30 記事完]

羽黒山・出羽三山神社 沢山の神社に行く 沢山の神社に行く人の話です。 やたら沢山の神社に参拝することになってしまう人がいます。 私もそうでしたが、出かけると一つの神社だけではなく、沢山の神社に参拝することになってしまいます。 一つの神社だけ...
神社

素戔嗚尊を遥拝する伊勢神宮

天照大御神(アマテラス)を祀る伊勢神宮内宮本殿は南面しているので、 参拝する人は、北向に参拝をすることになります。 内宮本殿から北に直線で80Kmほど行くと、そこには素戔嗚尊(スサノオ)を祀る津島神社があります。 つまり、伊勢神宮内宮に参拝...
神社

三峯神社と秩父神社に行ってきました [11/14更新]

三峯神社に家族と共に呼ばれたため、風邪のリハビリを兼ねて11月3日(金)に行ってきました。 普通なら、三連休という明らかに渋滞する時には行かないのですが、今回は家族と共に呼ばれたので、三連休初日に行くことになりました。 お昼に自宅を出て高速...
神社

神社参拝は三時までにしないと駄目なの?

ちまたで言われる話に、「神社参拝は午後三時まで」というのがありますが、本当でしょうか? この話は、二つに分けて説明する必要があります。 不安を持ちやすい人や敏感体質の人の場合と、普通の人の場合です。
神社

10月の伊勢神宮参拝と新月・日食の遠隔ヒーリング

10月に伊勢神宮の遷宮から10年の節目に行く、「伊勢神宮参拝」と「代理参拝」ですが、日程が決まりました。 10月の伊勢神宮参拝は、神嘗祭(かんなめさい)に合せて10月15日(日)に行きます。 神嘗祭は、伊勢神宮で行われる大祭で、皇室で行われ...
神社

神社にお酒を奉納する時は

神社にお酒を奉納する時に、口を開けて奉納しているのを時々見ますが、神様は我々のような肉体を持っているわけでありませんから、飲めるような形(=口を開けて奉納)にする必要はありません。 神社でも、 と書いてあります。 口を開けていなければ、奉納...
神社

飛行神社 ギリシャ風の神殿とジェットエンジン御神体 [9/16更新]

沢山の神社を廻ってきていますが、見た目はすごく変わっているけど、まっとうな神社の代表格というと、京都八幡市の石清水八幡宮近くにある飛行神社です。 飛行神社は、日本の航空発明の先駆者である二宮忠八ゆかりの神社です。 飛行神社に行くとまず驚かさ...
神社

佐野市の朝日森天満宮と星宮神社 [9/16更新]

朝から何処かに呼ばれて、車を出します。 ガイドさんの指示で圏央道→東北道と進み、何処まで行くのか?もしかして福島?と思っていたら、栃木市の岩舟JCTで北関東自動車道(高崎方面)に進み、佐野田沼ICで降りて、南下していきます。 このルート、一...
神社

秋分の日の神社参拝 神奈川/静岡方面のお勧め

秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、陰と陽のエネルギーがバランスするので、神社参拝やエネルギーワークには非常に良い日になります。 この太陽のラインは御来光の道と呼ばれ、玉前神社を東の端として、寒川神社から富士山、そして出雲大...
神社

竹駒神社の特殊な構造 稲荷神社として本来不要な二層目の屋根がある理由とは

竹駒神社は一見するとその特殊な構造は分からないので、京都伏見稲荷神社の写真をまず見てください。 斜め撮りの写真なので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、どちらも権現造りの社殿になります。 伏見稲荷神社は、権現造りの屋根が一層なのに対して...
神社

神無月は神社に神様がいない?

神無月の説明では、 「神々が出雲に集まるから、出雲以外は神がいない月として神無月と言われます。」 「出雲では、神々が集まるので、神在月と言われます。」 といった説明が多いのですが、実はそうではありません。