スピリチュアルの理解度

この記事は、「災害はなぜ起きるのか」へのコメントの返信ですが、内容としては記事レベルになるので、こちらに掲載します。

> JAZZMANさん

この「災害はなぜ起きるか」という記事では、災害の存在理由を述べているので、カルマ論とは少し違った角度からの話として書いています。
「災害を予防する」という観点では、既に災害は存在するものとしての立場になりますが、それが幻想だとするなら、「存在しないものを予防する必要がない」ということになります。ただし、これは災害に会っても構わないということではありません。

このあたりは、話す相手のスピリチュアルの理解度合いによって、個別に異なる説明する必要があるので、ブログの記事で説明するのは難しいところがあります。

仮に、話し相手が、カルマ論を信じる理解度合いであるとすると、災害は幻想ではなく、現実です。このレベルでは、幻想であることを思い出すことは、意味がありません。

また、別の話し相手が、幻想であることを信じる理解度合いであるとすると、災害は幻想でしかありません。ただし、現実には存在するように見えますが、その現実ですら幻想ですから、事実上は存在しないということになります。

つまり、全ての人に一定の回答ということにはならず、相手の理解度合ごとに合わせて説明をする必要があります。
この理解度合いを、おおざっぱに書くとこんな感じです。

(a) 人間は、肉体的な存在である(分離)
(b) 人間は、オーラ体という目に見えないエネルギーを持っている
(c) 人間は、輪廻転生する。カルマが存在する。
(d) 人間は、元を辿れば一つの存在(統合)を頭で理解する
(e) 人間は、統合であるという意識と、分離であるという意識の間を行ったり来たりする
(f) 人間は、統合(ワンネス)であるという意識に常にとどまっている

私の場合は、まだ(e)段階です。このレベルになると、幻想と現実のギャップの間で悩むことが出てきます。一般論として、カルマを信じているのは、(c)段階になりますが、この理解度合の人には、カルマと言うものが現実であるということになります。

過去の聖人の言葉などを見ていると、スピリチュアルな真理を相手の理解度合に合わせて、分かりやすく説明していますが、そうなると誰にでも通用する文書として残すことは難しいため、仏陀やイエスは、聖典を残さなかったと考えています。

これは、私自身スピリチュアル・カウンセリングしていても感じることがあります。そこで話される内容は、その時間のその人にとって最適化された言葉になるので、他の人に同じ言葉を話しても、効果的ではありません。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. JAZZMAN より:

    とても丁寧にお返事いただきましてありがとうございます。
    先生の言葉を反芻させていただき、また自分自身につきまして省察させていただきたいと思います。
    どうもありがとうございます。
    JAZZMAN

テキスト・画像のコピーはできません。