2019年12月26日 部分日食

2019年12月26日に部分日食があり、日本全国で見られます。

時間帯としては、15時30分頃なので、西に沈みかける太陽が欠けて行きます。

ホロスコープを見てると、強いアングルを持つのは限られており、

コンジャクションが、太陽-月-木星、土星-冥王星の二つになります。

これを解釈すると、吉星と言われる木星の力が強くなると同時に、土星と冥王星という根底的な変化が現れてきます。
そのため、「一見すると破壊的に見える状況が起きるが、それは結果的には良い方向に進む」ということになります。

画像引用:
国立天文台(リンク

日食観測:
日食の観測のしかた(リンク


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。