日食ワークショップ

今週末日曜日・月曜日に計画していた、日食ワークショップですが、

ここ数日間で、自車において、

Meter
メーターパネルのバックライトのバルブ(電球)の、左中央が1個切れたかと思うと、数日後に右中央も切れて、メーターが良く見えない状態(まるで部分日食)になったり、

Frotglass
今日は、飛び石で、フロントガラスに亀裂が入ったりしています。(ちなみに、こうなると、フロントガラス交換が必要で、10万+α円コースになります)

これらは、車に乗っていれば、いつかは起きる現象なので、特に珍しいものではないのですが、私の場合はどちらも生まれて初めて経験すること事であり、しかも日食前というタイミングなので、起きていることは小さいが、メッセージとしては大きいところがあります。

つまり、ここで伝えられたメッセージは、

「日食を見に行くよりは、自宅や近場で静かに過ごす方が良い」

ということです。

別記事のコメントで紹介を頂いておりますが、こちらの記事を紹介します。

Native Heart
地球での生き方を学びなおす探求の旅 by Kitayama “Smiling Cloud” Kohei
日蝕を見ないでヴィジョンを見ること
http://native.way-nifty.com/native_heart/2009/07/post-4a73.html

ここで、勘違いして欲しくないのは、見に行くことがダメと言っているのではないということです。

単なる興味本位で行くのであれば、それよりは自宅で静かに過ごす方が意味がある。

日食を見に行くのが、単なる興味ではなく、自分自身の変化の為であれば、それは大いなる意味があるということです。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. kana より:

    金環日食ワークショップ参加する気満々でいたので
    残念です。

  2. より:

    おはようございます
    私も「日食は小富士で・・」と考えていたのですが
    休暇が取れず 自宅で家族と日食を経験することになりそうです。
    それも意味があっての事。
    当日が楽しみです[E:happy01]

テキストのコピーはできません。