夏至の東京大神宮(その3)

本日(6/24)さらに確認のため、東京大神宮に行ってきました。
カメラを持っていくのを忘れてiPhone 5sで撮ったので、画質はあまり良くありません。

IMG_2669

夏越しの大祓の茅の輪が設置されて、みなさん8の字で廻っています。

IMG_2672

今日は、普段の東京大神宮に戻っていました。

やはり、夏至の日はいつもと違う場になっていました。

夏至の日がどんな風に良いのかを説明するのは、ちょっと難しいのですが、清浄な場になっているということは、人と神の距離が近くなっている・あるいは、人と神が同じ存在になっているという言い方が良いのかもしれません。そういう意味では、神さまとの繋がりを深くするには、二至二分(冬至・夏至、春分・秋分)の日に行くのがより効果的だと思います。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。