神社に呼ばれる?

これまで、あちらこちらの神社に行ってますが、その多くは呼ばれて行ったものです。

・・・と言うと、呼ばれた経験のない人に聞かれるのが「呼ばれるって、どういうことなんですか?」という質問ですが、これは呼ばれたことのある人には、「呼ばれる」という一言で分かるのですが、そうでない人の場合(こちらの方が、一般社会的には圧倒的に多いですが)には、ちょっと説明が難しいです。

行く人にしてみれば、「呼ばれているんだから当然」という感覚なのですが、そうでない人にしてみれば「呼ばれる」という感覚そのものが理解できません。

私が説明するときは、こんな説明をしています。

お腹が空くと、ご飯食べますよね。
そのとき、ご飯を食べなければならない理由を考えますか?
お腹が空く→ご飯を食べる この二つのつながりに疑問を持つ人は殆どいないと思います(哲学者は別)。

神社に呼ばれて行くというのも、そんな感じです。

呼ばれる→行く この二つの間に疑問はありません。
呼ばれた経験のない人(ここで言うなら、お腹が空いた経験のない人)にとって、その次の行動は理解が難しいと思いますが、経験のあるひと(お腹が空いた経験がある人)には、その次の行動は自然な行動になります。

神社に呼ばれるという感覚は、呼ばれたことのない人にとって、理解しがたいものです(空腹になった経験がないですから)。

なので、私の場合、経験がない人に理解してもらうということについては、正直なところ期待していません。

理解するかどうかではなく、というか、理解できるかどうかはともかく、容認してもらうこと、そちらの方が実践的だと思っています。
自転車に乗ったことのない人に、自転車の乗り方を口頭で説明しようとするようなもので、経験するしか理解することは出来ないのかもしれません。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

3月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。