半影月食 2016/9/17

中秋の名月となる9/17(Sat)の満月で、明け方に半影月食があります。

半影月食はいつもであれば、それほど影響力はないのですが、今回は秋分の日との関係もあって、精神的や身体的に強く出て来るところがあります。

今回は特に、人間関係や仕事関連など、自分自身と周囲の関係性をリセットして、再構築する方向に働きます。この影響は、早く出る場合は今週前半から出てきます。
なので、今度の三連休は、過去の延長線上にある目標ではなく、過去のしがらみを置いた白紙状態になって、今という瞬間から始まる未来を考えてみるのも良いですね。

日食や月食の影響について、 詳しくは以下の記事を参照してください。
https://en-light.net/archives/4131

□■□

半影とは、太陽と月や地球の間で出来る影のうち、完全に影になる部分を本影、薄暗くなる部分を半影と呼びます。こちらは、ミールから見た日食ですが、中心部分は完全に影(本影)になっているのに対して、周辺部が薄い影(半影)になっているのがわかります。

Eclipse99_mir_big

半影月食は、太陽と地球によって出来た半影部分を月が通過することで起きます。半影なので、皆既月食や部分月食のような見た目の分りやすい月食ではなく、わずかに薄暗くなる程度なので、月食としてリストに載せない天文台もあります。

国立天文台の画像を引用します。

lecl11359
月食は日本時間では、1:52に始まり、食が最大になるのは03:54、終了は05:55になります。

画像出典)
Astronomy Picture of the Day
http://apod.nasa.gov/apod/ap040926.html

国立天文台 > 暦計算室 > 月食各地予報
http://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/eclipsex_l.cgi