早く亡くなった子

カウンセリングにおいて、早く亡くなった子について、相談を受けたことがあります。
一般論として、書いておきます。

早く亡くなった子というのは、一度生まれて亡くなることで、自分がその親も含めた家族に縁があることを示し、亡くなってから、その家族を護る守護霊的な仕事をするのが一般的です。なので、早く亡くなるというのは、悪いことではなくて、家族との縁を示すためです。

しかし、親としては、早く亡くなったということに意識が行ってしまうので、悲しむことになりやすいですが、それではその子の意思からすると、少し違う方向に親の意識が行っていることになります。

なので、周囲の人は、その子があなた(親)を護るために、一度現れ・縁を示して、守護の仕事をするために、元の世界に戻ったのであるということを伝えてほしいと思います。