早く亡くなった子

カウンセリングにおいて、早く亡くなった子について、相談を受けたことがあります。
一般論として、書いておきます。

早く亡くなった子というのは、一度生まれて亡くなることで、自分がその親も含めた家族に縁があることを示し、亡くなってから、その家族を護る守護霊的な仕事をするのが一般的です。なので、早く亡くなるというのは、悪いことではなくて、家族との縁を示すためです。

しかし、親としては、早く亡くなったということに意識が行ってしまうので、悲しむことになりやすいですが、それではその子の意思からすると、少し違う方向に親の意識が行っていることになります。

なので、周囲の人は、その子があなた(親)を護るために、一度現れ・縁を示して、守護の仕事をするために、元の世界に戻ったのであるということを伝えてほしいと思います。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。