喪中について

昨年三月に父が亡くなったので、私の場合世間的には現在も喪中ということになります。

忌中・喪中の決まり事は、地域や宗派によってかなり異なります。
なので、私の考え方を書いておきます。あくまでも私の場合の考え方なので、親戚一同が集まって決める場合については、一同のみなさんが同意できる考え方で進めてください。

忌中・喪中の霊的な意味での基本的な考え方は、死んだ人をしっかりとあの世に送り出すということです。
死んだのに、こちらの世界に未練が残っていて、ウロウロされるというのは面倒なことを引き起こしかねないので、しっかりとあの世に行ってもらうために、色々な決まり事が存在しています。

これらの決まり事は、死んだ人の魂が今どこにいるのか見えない人の為につくられていますので、期間や行うこと、行ってはいけないことなど細かく決められています。

死んだ人がまだこちらの世界に残っている場合、自分の家族・親戚が、忌中・喪中であることを見て、自分が死んだということを確認することになり、そうして自分が既にこの世の人間ではないことを認識して、あの世に向かうことになります。

決まり事は、死んだ人をしっかりとあの世に送り出すためにあるので、見える人の場合、あの世にしっかりと行ったことを見届けたなら、それらの決まり事は不要になります。

そういう意味で、私の場合4月の四十九日の法事を行った時点で、しっかりとあの世に行っているのを確認できたので、その後は普段通りの生活に戻しており、社寺への参拝や新年のあいさつも普段通りに戻しています。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. 川出可子 より:

    八雲様
    いつも拝読しております。
    神社の参拝についてお尋ねします。
    先日、父が亡くなりました。49日の法要もまだなのでいわゆる喪中です。喪中は神社へは行ってはいけないと言われますが、やはりそういうものでしょうか。実は生前、父は龍神様に守られていると言われたことがあり、龍のいると言われる井戸を持つ産土神様に会いに行きたい気持ちがあるのですが、八雲さんの見解をお聞かせ願えれば幸いです。

  2. 八雲 より:

    > 川出可子さん

    忌中・喪中の考え方は、こちらの記事にある通りです。
    忌中・喪中期間に神社に行くのかどうかは、本来は決まり事ではありません。

    霊的な事が見える人であれば、亡くなられた方それぞれに合わせて行うことが可能ですが、見えない人の場合は社会の常識的な拠り所が欲しくなるので、その結果決まり事が出来上がってます。

    亡くなられた方とのご縁がある神社で、参拝することでしっかりあの世に送り出すことが出来るのであれば、参拝した方が良いです。

    ただ、近所や親戚筋などに決まり事にうるさい人がいる場合。そういう人に知られると何かと面倒な事になりかねないので、知られないようにして出掛けてください。

    こちらの記事も参考になると思います。

    喪に服すことは必要か?
    https://en-light.net/archives/10727

テキスト・画像のコピーはできません。