太陽フレアが連続して発生中(続4)

太陽フレアの発生はようやく平均的な状況になってきました。
宇宙天気ニュースの「フレアの自動検出」から引用します。

Goes_xray
上記のグラフの緑色の線がC3クラス以上の太陽フレアの発生を示していますが、グラフ右端のもっとも最近の時間では、最低値もC1クラスまで低下してきており、やっと平均的な状況になってきました。

7月6日(5日前)の記事のグラフ(下図)と比較すると、フレアの規模を表す数値すら読み取れないくらい頻発していたのが良くわかります。

Goes_xray
太陽フレアに注目し始めたのは、2003年からですが、これほど頻発する状況は、記憶にありません。2012年であるから起きた現象と言えるかもしれませんね。

NASAのサイトに、7月6日(世界時)に発生した、X1.1のフレアの動画があります。
フレアの噴出方向が地球を向いていないことが良くわかります。そのため、発生規模は大きいのですが、影響は限定的です。

Sun Releases X-class Solar Flare
http://www.nasa.gov/multimedia/videogallery/index.html?media_id=147950601

(参照サイト)

※太陽フレアの最新の発生状況はこちらで見られます

宇宙天気ニュース(フレアの自動検出)
http://swnews.jp/rt/goes_xray.html

※現時点での太陽黒点の位置は、こちらのページの右下、
HMI Intensitygram – Flattenedで見ることができます。

SDO – Solar Dynamics Observatory –  view latest images(英語)
http://sdo.gsfc.nasa.gov/data/

【関連記事】

太陽フレアと体調変化
http://oyashima.way-nifty.com/blog/2012/07/post-18ba.html

外部エネルギーからの影響度合い
http://oyashima.way-nifty.com/blog/2012/07/post-770c.html


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。