【訂正】一陽来復御守の貼り方

図中の方位角訂正

一陽来復御守の貼り方で、訂正があります。

恵方の方位角は255°で、以下の記事にも書いていますが、

穴八幡宮の一陽来復御守の貼り方 2019年冬至~2020年節分
https://en-light.net/archives/17092

穴八幡宮 一陽来復 2019年/冬至 ~ 2020年/節分
https://enlt.net/ps/Anahachiman/

貼り方のうち家の内側の図にタイプミスがあり、そこだけ恵方の方位角が255°ではなく、225°となっているところがありました。

申し訳ありません。

上記の二つのサイトの図は既に訂正済みです。

正しい図は、こちら:

記事内では、255°と繰り返し書いているので、全体をきちんと読めば255°が正しい方位角であることは容易に分ると思います。また、貼る場所の方位角が75°なので、そこから180°の方位を計算すれば、やはり255°になります。

ところが、上記の図のみを見て、225°と勘違いして冬至に貼った人もいるようなので、その場合の対処について書いておきます。

対処方法

対処としては、二通りあります。

まずは、貼った一陽来復を剥がします。

(1)剥がした一陽来復を保管して、大晦日に貼り直す
 角度を間違えて貼った場合は、貼ったことにならないので、再度貼り直すことが可能です。

(2)剥がした一陽来復を穴八幡宮に納め、一陽来復を買い直して大晦日に再度貼る

のどちらかを行ってください。

テキストのコピーはできません。