ハイブリット車を買わないわけ

環境問題もあり、車の電動化が進みます。

車の電動化といっても当初はハイブリット車が主流になるといわれています。

これまで、欧米ではハイブリット車が普及していませんでしたが、それは経済的な理由です。

くるまのニュースというサイトで、ハイブリット車の経済性について計算した記事があります。ハイブリット車はガソリン車に比べて、モーター/発電機やバッテリーさらに複雑なミッションが必要になるので、割高になり、その差額は約30万円から40万円にもなります。

ハイブリット車は燃費が良いので、燃費の良さで割高な車両費を相殺するために必要な走行距離を計算すると、

トヨタ ヤリス:11万km
トヨタ ヤリスクロス:12万km
トヨタ アルファード:12万km
ホンダ フィット:13万km

となります。
この走行距離内であればハイブリット車の方が割高になります。
上記はトヨタとホンダの例ですが、他のメーカーのハイブリット車についても、概ね同様になります。

一般的な日本人の買い替えパターンだと、走行距離10万キロ未満で買い替える人が多いので、ハイブリット車を買っている人は、結局割高な車を買っていることになります。

廃車した場合のリサイクルにしても、ハイブリット車の場合は劣化したバッテリーのリサイクル、複雑な機構ゆえにリサイクルしづらいなどの課題があり、必ずしもハイブリットの方が環境にやさしいとは言えない側面があります。

トヨタのハイブリット車バッテリーリサイクルですら「2020年代早期の実現に向けて活動を推進しています。」であり、リサイクルはまだまだ進んでいません。

参考)ハイブリッド車バッテリーリサイクル(リンク

燃費が良い分環境にやさしいという側面も確かにありますが、ガソリンを燃やして走っていることには変わりないです。マツダなどの研究結果によると、ガソリン車でハイブリットなどの複雑な機構をつかわずに燃費を向上させた方が、トータルの環境性能は良くなるという事も言われています。

データ引用)HV車とガソリン車はどっちがお得?
https://kuruma-news.jp/post/354877


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。