変化の星配置

前の記事(リンク)で書いたような変化の背景を探していると、ホロスコープ上にそれが出ていました。以下の図は、MyAstroChart®で作成したホロスコープに、赤線・緑線を加筆しています。

myastrochart 2016-06-02赤い点線で示したグランドクロスと緑の点線で示したグランドトラインが同時に木星(♃)を軸に起きています。木星は私自身の主星でもあるので、これはかなり強い意味合いを持った配置になります。

6月1日から3日くらいまではこの状態が続いており、これは内面的に一つの節目となります。そのため、精神的変化やそれに伴う体調不良といったことが起きている人もいるかと思います。

惑星の配置は、以下の通り。

○-○オポジション
太陽(☉)と金星(♀)がオポジションなので、全体的には愛を強く感じることになります。ここで言う愛とは男女の情愛ではなく、根源的な愛の方です。

グランド・クロス(木星から時計回りで記述)
(1)木星(♃)-太陽(☉)・金星(♀)
木星は、スピリチュアルやノンデュアリティなど、目に見えないものを意味することから、木星と金星が通常で意味する情愛としての愛ではなく、根源的な愛を強く感じるようになります。

(2)太陽(☉)・金星(♀)-海王星(♆)
海王星も目に見えないものを表しますが、こちらは個人の霊感など個人的に感じるものになります。これはの根源的な愛としてのノンデュアリティを個人レベルで強く感じるようになります。

(3)海王星(♆)-土星(♄)
土星については、凶星と言う人もいますが、むしろ制限という意味でとらえた方が理解しやすいです。こちらも強めあうところがありますが、一種の制約を一時的に課すことで、より感性を強めることになります。

(4)土星(♄)-木星(♃)
こちらも、一時的な制限によってより強めることになりますが、私の場合は仕事が一時的に止まってしまうということが起きたのですが、それは単に仕事が止まるということではなく、止まることが、目覚めの為の空白の時間になりました。

グランド・トライン(木星から時計回りで記述)
(1)木星(♃)-水星(☿)
水星は、変化・流動性を表すので、木星のスピリチュアルからノンデュアリティへの移行を促します。

(2)水星(☿)-冥王星(♇)
冥王星は現在は惑星から準惑星になりましたが、占星術においては重要な星の一つとして現在も使用されており、根底的な変化を表しますから、まさに変化を示しています。

(3)冥王星(♇)-木星(♃)
そして、木星ですから、まさに木星のスピリチュアルからノンデュアリティへ本質的な変化を表しています。

ホロスコープ作成
MyAstroChart®
http://www.m-ac.com/index_j.html

テキストのコピーはできません。