聖マリア・トライアングル

※この記事は、秋に出版予定の書籍原稿からの抜粋です

首都東京の中心部には、歴史のある3つのカトリック教会がきれいな二等辺三角形を形成し、それらの位置関係は、とても深い意味を持っています。そして、歴史を紐解くと、聖母マリアと日本の深い関係が見えてくるのです。

Map

●聖母マリアと日本との関係

日本にキリスト教を伝えたのが、フランシスコ・ザビエルであるということは、知られていますが、彼が日本に始めて上陸した日は、キリスト教関係者でなければあまり知られていません。彼が鹿児島に上陸したのは、1549年8月15日で、ちょうど「聖母マリアの被昇天の祭日」であったので、ザビエルは、日本を聖母マリアに捧げました。この日から、聖母マリアが日本の守護者となったのです。
その後、昭和の時代に、日本の歴史的な出来事が起きた日と、聖母マリアの祝日が重なっているという事実はそのことを物語っていますが、解釈には深い洞察も必要です。

◇12月8日 無原罪の聖マリアの祝日
日本が米英に宣戦布告し、太平洋戦争が始まった日は、1941年12月8日ですが、12月8日は、聖母マリアが、母の胎内に宿ったこと祝する「無原罪の聖マリアの祝日」で、カトリックの国では盛大に祝われ、会社や学校はお休みとなります。

8月15日 聖母マリア被昇天の祭日
太平洋戦争が終結したのは、1945年8月15日ですが、前述のとおり8月15日は「聖母マリア被昇天の祭日」で、やはりカトリックの国では、国民の祭日として会社や学校はお休みとなります。
この日はまた、1534年に、イグナチオを中心として、ザビエルを含む七人が、後に日本にキリスト教を持ち込むこととなるイエズス会を発足した日でもあります。

◇9月8日 聖母マリアの誕生日
連合国と日本国との間の戦争状態を終結させるため、サンフランシスコ講和条約がサンフランシスコで調印されたのが、1951年9月8日で、この日は、「聖母マリア」の誕生日に当たります。

◇2月11日 ルルドの聖母の祝日
そして、日本書紀にある神武天皇が即位したとされる日は現在、「建国記念の日」として祝日となっていますが、この2月11日は、「ルルドの聖母の祝日」となっています。
しかも、この日は、カトリックの総本山でもある、ヴァチカン市国の独立を記念する日でもあります。

太平洋戦争という、悲劇の時代において、聖母マリアは日本の守護者として、開戦時から終戦まで、密かに日本を見守り、守護し続けてきました。戦後の日本の発展はその守護のおかげでもあったのです。

●聖母マリアによる日本の守護

昭和の時代における、日本の歴史的な出来事が起きた日と、聖母マリアの祝日が重なっているという事実は、表面的な出来事を表しているのではなく、深い深層の事柄を表しています。
第二次大戦においては、日本が宣戦布告をした。つまり日本側から戦争を仕掛けたという事が言われていますが、現実には戦争をしたいアメリカが、策略・諜報活動をはりめぐらすことによって、日本側が戦争に引き出されてしまったというものです。
そもそも、国力に圧倒的に差がある日本が、アメリカに戦争を仕掛けたなら勝ち目がないことは、日本政府側も最初から理解していたことであり、そのような戦争に自ら買って出ることは最初から負けているということです。なのに、戦争をしなければならなかったのは、アメリカ側の挑発に乗せられてしまったということです。
このような事態に対して聖母マリアは、自らが表立って動くのではなく、日本という国が消滅することがないように、背後から守護することで、日本という国を守ってきたのです。
それが、前記の聖母マリアの祝日と日本との関係に表れています。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. 中村 より:

    突然に大変恐縮いたします、 中村と申します。記事を興味深く拝見いたしました、 実は私も 聖書の数字を元に、 現代との不思議な符号 に とりつかれて 趣味で調べているものです。初めて私と同じ視点をもった方だと感じ、思わず メールしてしまいました。このての話しを 親 兄弟 友人、その他に 話しても 変人あつかい されるだけで・・・トホホ
    さて マリア様のことですが 記事に書かれていることを、 以前私もたまたま 気がついて 思案していて あっと、 思ったことを 少しお話ししたいのですが お付き合い下さい
    私 長崎出身 なのですが、 長崎といえば 原爆です、 被爆した物 建物で有名なのが 崩れた 天主堂(浦上天主堂) 焼け焦げたマリア像 です。この 天主堂周辺の浦上地区は、 長崎の隠れキリシタンの中心的 土地で 、マリア信仰のメッカと言っても過言ではありません、 江戸時代を通じて代々キリシタン信仰を 貫いてきた者にとって(私の友達にもその子孫が何人もいました)この天主堂は聖地のような建物です、 その 建物の 小川を挟んだすぐそば二百メートルほどに 原爆投下中心地があります この中心地も推定であり多少の誤差はあるそうです つまり 私が言いたいことは・・・ど、どうか変人あつかいしないで下さいね[E:sweat01]、 私たちの想像を超越した何らかの意思によってあらかじめ定められた計画で あえて この 天主堂の真上で 原爆を爆発させたのではないかという ことです 元々 米軍による投下地点はもっと港より長崎市の中心部に 投下する予定だったのが 風に流されて・・・ ということになっているのですが それにしても 天主堂のほぼ真上とは偶然にしても う~ん と 思案した 次第です、地元だけに被爆された方には失礼とは思っておりますが・・・太平洋戦争とマリア様との不思議な符号何なんでしうね、今回ザビエルとイエズス会のことを知り参考になりました、以上ですが、よかったら 感想聞かせて下さい 人の意見が聞きたくて 10年ほど悶々としてきましたハハ 失礼します

  2. 八雲 より:

    中村さん
    こちらのブログの記事は、マリアトライアングルに関するほんの一部です。
    現在整理中の記事から、一部抜粋しておきます。
    ●聖母マリアによる日本の守護日本との関係
    昭和の時代における、日本の歴史的な出来事が起きた日と、聖母マリアの祝日が重なっているという事実は、表面的な出来事を表しているのではなく、深い深層の事柄を表しています。
    第二次大戦においては、日本が宣戦布告をした。つまり日本側から戦争を仕掛けたという事が言われていますが、現実には戦争をしたいアメリカが、策略・諜報活動をはりめぐらすことによって、日本側が戦争に引き出されてしまったというものです。
    そもそも、国力に圧倒的に差がある日本が、アメリカに戦争を仕掛けたなら勝ち目がないことは、日本政府側も最初から理解していたことであり、そのような戦争に自ら買って出ることは最初から負けているということです。なのに、戦争をしなければならなかったのは、アメリカ側の挑発に乗せられてしまったということです。
    このような事態に対して聖母マリアは、自らが表立って動くのではなく、日本という国が消滅することがないように、背後から守護することで、日本という国を守ってきたのです。
    それが、前記の聖母マリアの祝日と日本との関係に表れています。

テキスト・画像のコピーはできません。