インスピレーションタロット講座

インスピレーションタロット講座のトライアル(2回目)を実施します。
■インスピレーションタロットって何?
通常、タロットカードによる占術を習得するには、大アルカナ・小アルカナのそれぞれのカードの意味を全て覚えることを要求されます。
しかし、その方法では、カードの意味を記憶するという、左脳的な能力を強化してしまうので、本来のタロットの右脳的な能力を発揮できない傾向が強くなります。
ネットを検索して見つかる、タロット講座についても同じで、記憶力をまずは試されてしまいます。
しかし、タロットの本来の能力というのは、右脳的な能力になります。
そこで、インスピレーションタロットでは、カード1枚1枚の意味を覚えるのではなく、カードが持っている象徴的な意味を、いくつかの限られた要素を覚えることで、直感的にカードの意味を読み取る方法になります。
私自身がタロットを引く時は、この方法を使っています。
■インスピレーションタロットの特徴
上記でも書いていますが、左脳的な記憶力を使わず、右脳的な直観力を鍛えて、使うのが特徴です。
そのため、タロット教室でよくある、「カードの意味を全て覚える」といったことが不要になります。
なので、他のタロット教室で、数週間を要するようなノウハウを、一日でお教えできます。
もちろん、タロットの能力を高めるには、多くの実践と研鑽が必要になりますが、基礎的な事柄を覚えるのには、1日のセミナーで十分です。
直感的な能力を鍛えるので、タロットのみならず、チャネリングやリーディングなどの他の能力開発の基盤となり、単なるタロット教室では終わらないのが、このセミナーの特徴です。
■セミナー時間
10時から18時になります。セミナー時間としては、ちょっと長いですが、数日に分けたりすると、かえって効率が落ちるので、1日のセミナーとして実施します。
昼食休憩があります。
■使用するデッキ(タロットカード)
ライダー・ウェイト版のカードを使用します。
インスピレーションタロットでは、他のタロット占術とは異なり、インスピレーションを重視するため、新たにデッキを用意することが必要になります。
これは、他の方法論で使ったデッキには、それぞれの方法論のエネルギーが蓄積されているため、インスピレーションではなく、左脳的な記憶のエネルギーが蓄積されており、インスピレーションが働きにくくなっているからです。
そのため、こちらで新しいデッキを用意して実施します。
■受講条件
今回は、誰でも参加できます。
なお、ヒーリングセミナーのアドバンスコースでは、必須受講講座になる予定です。
■受講費用
今回は、トライアル料金です。
3万円 (受講時に直接現金でお支払いください)
正式なセミナーとして開始する場合は、上記以上の金額になる予定です。
■定員
最大2名 → 4名に変更しました → 満員になりました(2009.10.21)
■日程
2009年10月24日(Sat) 10:00-18:00(昼食休憩あり)
■参加申込み
以下のフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=401315


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。