Amazon化する読書環境

昨年購入した書籍の記録を見てみると、Amazonで買った書籍が圧倒的に多く、書店で買った書籍は一部でしかないという結果でした。

ところが、Amazonで買った書籍の方を見てみると、買ったもののいまだに読了していない書籍が何冊もあります。一方で、実店舗で買った書籍はほとんど読了しています。

つまり、Amazonで買うということは、読了しない書籍が、実店舗で買うということに比べると、多く発生しているということです。
このあたりが、実店舗とネット上の店舗の差であると感じています。

実店舗の場合は、書籍そのものを手にとって評価することができるので、
・内容そのものを確認できる
・実物の書籍が持っているエネルギー(=著者のエネルギー)を確認できる
という、この二つの部分が、ネット上の店舗では、欠落してしまうということです。
このあたりが、ネット上の店舗の限界だと感じているところです。

良い本を探そうとするのであれば、実店舗で書籍を手にとって感じてみるということも大切ですね。

テキスト・画像のコピーはできません。