2012年の解釈

色々な人が、色々な意味で2012年あるいは2013年を語っていますが、私の解釈は、以下のとおりです。

・2012年(あるいは2013年)にアセンションはあるのか?

いわゆるアセンション(次元上昇)はない。と考えています。
アセンションというのは、そもそもは、創話あるいはファンタジーとして書かれたものがベースになっています。
我々が生活している宇宙の次元というのは、最新の物理学では、11次元ではないかとも言われています。次元上昇を語っている人は、そういった最新の物理学を知らないか、無視しているように思えます。

・フォトンベルト

それが実在するなら、そろそろ、何かの兆候があるべきですが、現時点で、それらの兆候を科学的にも、スピリチュアル的にも、見出すことはできません。

ということで、2012年あるいは2013年において、我々の宇宙において、何か特別な事柄が起きるという前兆は現時点において、見出すことはできません。

2012年の話は、かつての、ノストラダムスの1999年7の月の話と類似しているところが多く見られます。1999年7月に何か特別なことがあったでしょうか?

しかし、2012年について真面目に語っている人も多く、何か変化の予兆を感じることはあります。
なので、それについて調べてみたところ、2004年から2012年までの8年間は、変化ウィンドウの期間であることがわかります。

それらについては、こちらにまとめておいたので、興味のある人は読んでみてください。

金星日面通過(ヴィーナス・トランジット)
http://oyashima.jp/Library/Transit_of_Venus.html


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。