白濱神社

今日(11/15)は、白濱神社に呼ばれて、日帰りで行ってきました。
往復の距離約400Km、走行時間は約10時間でした。

その日は、朝10時ごろに白濱神社の伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)に呼ばれていたのですが、下田市白浜というと、東京からは片道約4時間かかるため、今日ではなくて別の日にしたいと思って自宅にいたのですが、午後1時30分ごろには、「どうにも行かなくては」ということになって出発しました。

Map
この時間だと到着する頃は日没と重なるので参拝には向かないと思いつつも、「呼ばれているのだから」と道を走っていました。
到着したのは、17時を廻って既に日没して境内も暗くなってます。

Img_3373

上の方になる本殿や白浜の鳥居などは暗くて参拝が難しいと思い、写真に写っている拝殿で参拝しました。

参拝すると、伊古奈比咩命から、新しいエネルギーを頂きました。今回は行って帰るだけかと思っていたので、ちょっとびっくり。
このエネルギーはちょうど自分を包み込む白銀のボールのような感じで、このエネルギーは何かと聞いたら、これから必要なものという答えで、詳しくは教えてもらえなかったのですが、帰りの道中でどういうエネルギーなのかが分かりました。
このエネルギーについては、現在進行形なので、土曜日のお話会でお話します。

参拝が終わると、ちょうど入れ替わりのように、神社の神職さんが来て、灯りを消灯し戸締りしていきました。この間ほんの数分ですから、ぎりぎりの時間にちょうど間に合ったわけで、神社に呼ばれるときにはよくあることです。

神社の駐車場にもどると、ちょうど自分に向かうかのように東の空に一つの明るい星が、神様に聞いてみると私の星だということです。

Jupiter
調べてみると、木星でした。太陽系の第四惑星なので惑星記号は数字の4を図案化した「♃」になります。木星は昔から縁の深い星なのでやはりという感じです。

帰り道は、神様の指定で道を選択したのですが、高速を使わないでずっと国道でした。深夜の国道は車も少なく、新しいエネルギーを定着するのにはちょうどいいペースで走ってきました。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. はぁぷ より:

    日帰りで。。。ですか。[E:sweat01]
    お疲れ様です[E:confident]

  2. あけ より:

    お疲れ様でした。
    でも・・・ 良かったですね[E:confident]

  3. より:

    こんばんは
    日帰り お疲れ様でした
    木星は「龍神界(浄化)の星」と聞いています
    八雲さんと龍  なんとなく うなずけます[E:shine] 

  4. ミケニャンコ より:

    高速使わないと、だいぶかかりますよね。
    お疲れさまです。
    神社周辺は、日が暮れると本当に真っ暗ですから、星もきれいに見えます。

  5. sumie より:

    呼ばれると、行ってしまう八雲さん…
    だから呼んでくれるんですね、きっと(#^.^#)
    よかったですね。

テキストのコピーはできません。