神護寺 五大虚空蔵を拝観するために京都へ

今回は、神護寺の多宝塔の五大虚空蔵菩薩像の拝観がメインなので、新幹線で行くか車で行くかしばらく思案していましたが、拝観も一日で終わるのか三日通うのか行ってみないとわからず予定が立たないので、移動の自由度が高い車で行く事にしました。

車で移動すると、片道8時間程度掛かるので、公開日前の金曜日の朝に移動して京都に前泊です。

京都に行くルートは大きく分けると三つあり、古い順に、
(1)東名-名神
(2)中央道-名神
(3)東名-新東名-伊勢湾岸道-東名阪道-新名神-名神
となります。

新しい道路ほど走りやすく疲れが少ないので、今回は(3)のルートを選択。

中央道や東名はトラックが多く、前方をトラックに塞がれてペースが落ちるのに比べると、新東名は交通量が少なく、路面がフラットなので、良いペースで走ることができ、朝8時に出発して15時30分には京都市内に入りました。

*続きます


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。