ココから、金環日食が見える?

5月21日の金環日食ですが、ワークショップを実施する予定にしています。

ワークショップをする場所は現在探しているところですが、太陽高度が低いころから日食が始まるため、都内だとビルが邪魔になることがあります。そのため、その場所から金環日食が見られるかどうかをチェックするためのシートを作成しましたので、ブログを読んでいる人も使えるようにPDFファイル化しました。

こちらのファイルをダウンロードしてください。 20120521.pdf

太陽高度・方位は東京の都心部で計算していますが、千葉・埼玉・神奈川などの東京隣県だと1°~2°くらいの差でしかないので、ほぼそのまま使うことができます。

使い方は、以下の通りです。

【用意するもの】
(1)ファイルをA4プリントしたもの
(2)方位を確認するためのコンパス

【確認手順】
(1)プリントの「山折り」となっているところを折り曲げる
(2)コンパスで、東の方角を確認する
(3)プリントを持って、真東を向く
(4)垂直角度:視点からのぞいて、縦方向の範囲が開けていることを確認する
(5)水平角度:視点からのぞいて、横方向の範囲が開けていることを確認する
(6)垂直(縦)・水平(横)の両方の方向が開けていれば、そこから日食の開始から終了まで見ることができる場所です

金環日食の詳しい情報は、こちらのページが便利です。

2012年5月21日 金環日食
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。