大規模フレア

X1.7、X2.8と大規模な太陽フレアが続いていますが、観測史上においては、2003年11月の太陽フレアが最大で、X28になります。観測されていなかった時代にはもっと大きなものがあったとされています。

ネットを検索すると、Mクラス、X1クラスで、大変なことが起きる前兆などと書いているページが沢山ありますが、この程度では大自然への影響力も小さなものです。体調に変化が出てくる程度になります。

ちょっと古いデータですが、太陽フレアの出現数のデータがあります。太陽活動は約11年周期で、活発な時期と平穏な時期が交互に現れます。

Sun

Cクラスフレアは、1年に1000回
Mクラスフレアは、1年に100回
Xクラスフレアは、1年に10回
X10クラスフレアは、1年に1回

X線強度が10倍になると発生頻度が10分の1になる

出典:http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/nicestep2009-07_shibata.pdf

このデータを見るとわかるとおり、太陽活動が活発な時期では、Xクラスが毎月発生するような頻度になるので、今回のようなX1.7、X2.8が連続するというのは、特段珍しい現象ということではありません。

この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。