夏至の伊勢神宮 代理参拝 [2021/6]

伊勢神宮

古くから「お伊勢さん」と呼ばれ親しまれている伊勢神宮。
緑あふれる神域の清々しい参道を歩いて参拝すると、大自然が持つ生命力と神々が持つ神秘の力が人々の心と身体に「いのち」を与えてくれます。

夏至の日

夏至は、太陽の南中高度が最も高い日であり、陰陽でいえば陽の気がもっとも高くなる日です。
伊勢神宮とセットになっている二見興玉神社にある夫婦岩の真ん中、遠望される富士山から日の出を望むことができる日です。

伊勢講

昔から、伊勢神宮には一生に一度は参拝したいと言われてきました。江戸時代には伊勢神宮参拝のための伊勢講が作られ、参拝のための費用を伊勢講参加者が積立し、くじ引きなどで決められた代表者を順次送り出すようなことも行われていました。

伊勢神宮代理参拝

夏至の日とその前後の日に伊勢神宮に参拝します。

伊勢神宮は、外宮と内宮の正宮の他に、別宮と呼ばれる社もあります。別宮は外宮と内宮の境内の他に、少し離れたところにもあります。これらの正宮と別宮を参拝します。

伊勢神宮は、日本国のため神社として、正宮では個人的な願いを祈願することは出来ないとされていますが、別宮では個人的な願いを祈願することが出来ます。

正宮で神と出会い、別宮でみなさんの願いを祈願します。

代理参拝の費用

代理参拝の費用は、以下の通りです。

【代理参拝】
1万5千円/人
外宮と内宮、および別宮で代理参拝と祈願を行います。
外宮と内宮の代理参拝と代理参拝の賽銭の全ての費用を含んだ金額になります。

【代理参拝と御守送付】
2万円/人
外宮と内宮、および別宮で代理参拝と祈願を行い、外宮と内宮で御守を授受し申込者の手元に郵送でお送りします。
外宮と内宮の代理参拝と代理参拝の賽銭、御守の購入と郵送の全ての費用を含んだ金額になります。

【お支払い】
銀行振込でお願いします。
振込先については、お申込みされた方にメールで連絡します。

代理参拝のお申込み

【申込期限】
お申込み期限は、2021年6月18日(金)夜20時です。
翌日は朝から伊勢神宮へ移動するので、期限以降は受付できません。

以下の記事からお申込みください。

夏至の伊勢神宮 代理参拝の申込ができます。
また、夏至の遠隔ヒーリング(リンク)と合わせてのお申込みもできます。

こちらのページは、夏至の遠隔ヒーリングと、 伊勢神宮代理参拝の 申込のためのページです。 ●申込ページ...

フォームを送信すると、記入されたメールアドレス宛に自動返信メールが届きます。
自動返信メールが届かない場合、原因としては、
1.メールアドレスの記入間違い
2.迷惑メール設定で受信できない
などが考えられます。
お手数をお掛けしますが、確認のうえ再度フォームからお申し込み下さい。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。