太陽フレアが増加中 (X2.2の大規模太陽フレア発生)

太陽フレア

2020年前後は、太陽活動も平穏期であったため、太陽フレアもほとんど発生していませんでしたが、2019年12月から太陽活動第25周期に入っており、太陽フレアが増加しています。

太陽フレアは太陽黒点付近で起きることが多いため、太陽黒点数のグラフで今後の傾向を見ることができます。

上記は2022年3月時点のグラフで、緑線=太陽全体・青線=太陽北半球・赤線=太陽南半球の黒点相対数、点線 (黒) は過去の黒点相対数になります。

太陽黒点数が上昇しており、ここ数年は太陽フレアが増加して行くことが分かります。

4月20日13:00(UT 4/20 04:00)には、久しぶりにX2.2の大規模フレアも発生しています。
記事トップの画像と、以下のグラフ参照。

大規模太陽フレアが発生すると、体調不良になる人もいます。
以下の記事を参照してください。

太陽フレアによる体調不良 [6/3更新]
大規模な太陽フレアが発生すると、それが原因で体調不良になる場合があります。 ネット上では、太陽フレアと体調不良は関係ないという話を多く見かけますが、これは現代医療が人体の物質的な側面のみを対象として、エネルギー的な側面を対象としていないため...

データ・画像引用元)

国立天文台 三鷹観測所
https://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/solarobs.html#activity

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/

SDO | Solar Dynamics Observatory
https://sdo.gsfc.nasa.gov/data/

コメント

タイトルとURLをコピーしました