冬至ワークショップ(案3)

(2016/12/1 追記) ワークショップ概要を書きました
https://en-light.net/archives/16655

(2016/11/30) 冬至ワークショップ(案)について。

天文学的に冬至になる日時を見ると、冬至になるのは日没後の時間帯になります。

国立天文台 > 暦計算室 > 暦要項
平成28年(2016) 暦要項(リンク

平成28年 (2016)二十四節気
冬至 太陽黄経270度 12月21日19時44分

冬至ワークショップについては、当初例年通りに朝一に御守を受ける予定にしていましたが、恵方の神社に参拝している時間帯の後の方が、恵方に向かっている時間帯になります。

エネルギーワークとしては、日が出ている時間帯に、恵方神社の参拝してから、日没後に穴八幡に参拝して御守を授かる方が、陰陽のバランスが取れてより効果的になります。

なので、一陽来復の御守を受けるのは夕方以降の時間帯の方が効果的であると考えています。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。