ミューテーション(続き)

良い神社やお寺に行ったら、体調崩してしまったと言う話を時々聞きますが、良い神社やお寺、つまりパワースポットに行ったら、体調崩すことがあるのか?ということについては、体調崩すということではなく、エネルギーレベルが上がることによる変化を起こすということは、よくあります。

以前行っていた富士山ワークでは、私がドライバー、参加者の方が助手席や後席に乗って移動するのですが、神社に参拝し、車を出すと参加者の方全員が眠ってしまい、起きているのは私だけというのが、よくありました。そして次の神社に着くと、みなさん起きだして、参拝し車を出すと再び就寝状態です(笑)この時の眠り方というのが、段々眠くなって行くというのではなく、車を出すと墜ちるように十数秒で眠ってしまいます。なので、私が助手席の方とお話をしていて、「・・・って、そうだよね?」と問いかけた時点(この間は、数秒しかありません)で、既に眠っているということも何度もありました。

これは、どういうことかと言うと、富士山ワークを行うときは、富士山の麓のパワースポットである神社を巡るのですが、それらの神社はエネルギーが高いので、そういう場所に行くことが、自分のエネルギーレベルを高めるということになります。
ただ、エネルギーレベルが上がる場合、自分自身の霊体(オーラレベル)のエネルギーはすぐに上がるのですが、肉体のエネルギーが上がるのには、時間が掛るため、肉体を眠らせておくことがエネルギー的な変化を早く・スムーズにさせることになります。

なので、パワースポットと呼ばれるような神社やお寺に行った後、一見すると体調が悪くなるような状態になることはあります。ただし、それは体調が悪くなったということではなく、自身の霊体レベルのエネルギー変化が肉体レベルに波及する時に、身体を一時的に休ませることが必要であるということです。
また、変化が大きい時には、肉体レベルの変化の方が遅延する関係から、一時的な頭痛・背中痛・腰痛などが出てくることがあります。

また、人によっては、エネルギーレベルを上げるために、これまでため込んでいたネガティブなものを吐き出すというプロセスを経て行く人もいます。

これらは、体調の悪化ということに一見すると見えるのですが、浄化のプロセスであり、体調をよりよくするためのプロセスの一環ということで、私の方では、それを「ミューテーション(変容)」と呼んでいます。

自分の身体・エネルギーに起きていることが、ミューテーションであれば、それは体調不良ではなく、一時的な通過プロセスであるというこです。そのあたりについては、以下の記事の「ミューテーション」を参考にしてください。

ミューテーション
http://enlt.net/sp/page010.html


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。