スピリチュアルな学びの塾

昨年の秋ごろから、ずっと今後の方向性について模索しているような状態が続いていましたが、大体の方向性が見えてきたので、簡単に書いておきます。

方向性について、図で表現してみたのが、下の図になります。 Direction上図の赤い線が日本における意識を人数で表現したものと考えてください。そして青い線が今後目指す方向性になります。

近代という時代は、物質の豊かさを追及してきた時代であるということができます。そのため、人々の意識は、Materialすなわち物質的なものに偏っているため、モノは沢山あるが、本当の意味での幸福につながっていないところがあります。

もう一方の意識である、Spiritualすなわち霊的(これが分かりにくければ精神的といっても構いません)な豊かさが今の時代には希薄化しています。

人間は元々霊的(スピリチュアル)な存在であり、そこが原点になります。一方で地球という場は、物質的なあるいは、肉体的な体験の場でもあることから、人間が本来目指す方向というのは、物質的と霊的のバランスが取れた生活であり、社会であるということになります。
そのためには、意識のシフトにより、物質的思考と霊的思考のバランスを取り戻すことが必要になります。

その意識のシフトを実現するために必要なのは、スピリチュアル(霊的)な事柄に関する正確な知識と、スピリチュアル(霊的)な実体験です。

私自身の今後の方向性は、上図でいうところの青い線を目指すために、
・スピリチュアル(霊的)な正確な知識を学ぶ
・スピリチュアル(霊的)な実体験
の二つを提供する「場 つまり 学習機会」を作るということになります。
これは、「スピリチュアルな学びの塾」というコンセプト表現をするともう少し分かりやすいかもしれません。人によって、進み方や学び方は様々なプロセスになるので、「学校」という堅いコンセプトではなく、「塾」というゆるやかなコンセプトの方がイメージには近くなります。

全体の枠組みとしては、概ね見えてきたので、できるところから始めて行きたいと思います。手始めとして、全体の構成図あるいは目次のようなものを作成していきます。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。