自分という存在

自分という存在を通して、神を顕すこと
これは、誰でも、いつかはできるようになる

人は、肉体を纏った神であるということ
肉体を纏っているから、神のように考えたり
能力を出すことはできないが

神の世界ではできない体験をするために
肉体を纏っているのであるから

人はいつかは神に戻るのである

コメント

  1. ミケニャンコ より:

    神の世界ではできない体験をするために・・・
    だからなのでしょうか、最近生きることに焦っているような気がします。
    まだまだ、体験しなくてはいけないことがたくさんあるようです。
    若いときにはそんなこと考えなかったのに。

テキストのコピーはできません。