冬至 穴八幡宮参拝

今日は冬至なので、朝から穴八幡宮に金銀融通のお守りをいただきに行ってきました。昨日からの雨も上がり、冬至にしては暖かい朝で、参拝者も珍しく少ない朝でした。
これが、天気が良くて、土日などに当たると、神社の周辺をぐるっと列が並び、おまもりをいただくのに、数時間待ちもよくあるので、今日のように、参拝者が少ないというのは、珍しい現象です。
Img_3418
下の写真は、お守りを授かる人の列。

Img_3421
一陽来復は冬至の日に受けるのがいいとされていますが、なぜかというと・・・

太陽のエネルギーが最も低くなるのが冬至で、それ以降はエネルギーが上昇するしかありません。なので、この日にお守りを受けると、後は昇るだけになります。
また、もう一方で冬至は、古くは新年であり、年の変わり目ということで、エネルギー的にも転換点の日になるため、これまでの流れから、新しい流れへの転換の日でもあります。

なので、今日お守りを受けなかった人は、できるだけ早い時期にお守りを受けるのがおすすめです。

テキストのコピーはできません。