分離体験と干渉制限

我々は、統合の世界が創り出した、分離体験の世界を生きています。この分離体験の世界である物質世界では、統合の世界では体験できないことを、体験しに来て、やがて統合の世界に戻ることが目的です。

そのため、物質世界では、お互いが独立した存在として、統合の世界からは干渉されずに様々なことを体験します。干渉されないということは、この物質世界を創造したときの基本的なルールになります。それがないと、統合の世界からの干渉があり、良い分離体験ができないからです。

それゆえに、物質世界である人間世界では、上位次元である神の世界が見えにくい状態になりますし、他の恒星系からのアクセスも非常に限られたものになっています。
UFOや他の恒星系宇宙人の存在が話題になることがありますが、基本的なルールは不干渉になるので、彼らが地球人にアクセスするのも限定的です。宇宙人の中には、このルールを破る人たちが稀に存在します。しかしルールを破るということは、大きなカルマを生じることになるので、地球人としても、そういった行為に関わらない方が良いと思います。

これに対して、チャネリングによるアクセス(バシャールなど)の場合は、あくまでも情報提供であり、最終的な判断は地球人に任されるので、基本的なルールを守った上で地球人をサポートしているわけです。

コメント

  1. あぐ より:

    え~っ!そうなんですね!
    UFOに会いたいと、よく祈っていました。
    幸いなことに、今だかつて遭遇したことはありませんでしたが(((^_^;)

  2. 八雲 より:

    > あぐ さん

    宇宙人やUFOに遭遇することが滅多にないのは、こういう理由です。

  3. あぐ より:

    ありがとうございます。
    よくわかりました!

テキスト・画像のコピーはできません。