日食で体調を崩した人

1月6日の日食前後から体調を崩している人を見かけます。

多くの場合(私も含めて)、デトックスです。
過去の不要なエネルギーが解除され、デトックスとして排出されますが、身体がデトックスに集中し多くの身体エネルギーを消費するため、一見すると風邪を引いたような症状(咳・熱・鼻水など)になる事も多いです。

この症状の回復には、次の満月(1月21日:皆既月食)まで2週間ほどかかります。
症状が軽いと、早ければ数日で終了します。
また快復途上でこじらせてしまうと長引きます。

医者に行っても、治す薬はありません。医者が処方するのは、(抗生物質や咳止めなど)身体が生まれつき持っている自己治癒力をサポートする薬になります。

ですから、薬だけに頼るのではなく、水分を多めに摂り、身体を休めて排出がスムーズになる様にすることが大切です。

テスト

【3月のスピリチュアル・カウンセリング】
3月30日()  3月31日()
詳細はこちらから(リンク