日食ヒーリング概要〔実施後〕

日食ヒーリングへの参加ありがとうございました.。

今回の日食ヒーリング

今回の遠隔ヒーリングの特徴は、やはり日食です。
始めて、日食が発生する時刻に合わせて行いました。
日食のエネルギー的ピークは最大食(太陽が月によって最も隠れる時間)になるので、その時間の前後10分としたので、連続で20分間になりました。

実際に行ってみると、通常の肉体とか精神という概念が跳んで、現れとしての人間という根源的な姿を見せるようになります。(言葉で説明するのが難しい・・・)

私の場合

今回の日食ヒーリングは、そもそも私自身がヒーリングを必要としているのが始まりになります。終了後に起きやすい事を注意事項に書いたのですが、

①デトックスが加速することがあります。その場合、数日間寝込んだりする可能性もあります。その後はスッキリと回復するのが早くなるのですが、寝込んでいる最中は、色々な想いも出てきます。

私には、まさに文字通り起きました。まだ快復途上ではありますが、1/7(Mon) – 1/9(Wed)は寝込んだ状態となり、何も手が付けられない状態だったので、この返信記事を書くのが遅くなってしまいました _(._.)_
完全回復までにはもう少し時間が必要ですが、1/9(Wed)からようやく普通の生活に戻りつつあります。

特に夜の咳が酷く寝られない。以前風邪が長引いて気管支炎になったことがありますが、その時は咳止めがちゃんと効いていたので、夜はちゃんと寝られました。
そこで、再診で咳止めの薬をもらったのですが、「薬が効かない!」

エネルギーヒーリングで起きるデトックスの特徴の一つに「西洋医学系の薬が効かなくなる」があります。これは起きている症状のそもそもの原因に対する考え方が、ヒーリングと西洋医学系の薬では大きく異なる為に起きます。
西洋医学系の薬は起きている症状の原因に応じた薬効成分なのですが、エネルギーヒーリングでは、原因が異なるため、薬が効かないということが起きます。

感想をありがとうございました

日食ヒーリングに沢山の感想を頂きありがとうございました。全て目を通しました。
個別に返信したいところですが、まだ快復途上ということもあるので、まとめての返信で失礼します。

①エネルギー感覚がいつもと異なります
今回扱うエネルギーがこれまでとは異なるので、人によっては、初めてのエネルギー体験のように分りにくい場合があります。
また逆にいつもよりも強く感じる人もいます。

②日食前と日食後では感覚が異なる
言葉で具体的に説明するのは難しいですが、自分から世界/社会を見た時に、日食前と日食後では受取る感覚が異なるものになります。
こちらも人によって出る度合いは異なり、少しだけの変化を感じる人もいれば、大きな変化を感じる人もいます。

③エネルギー入替
日食は社会にとっての変化点の一つなので、変化に対応する為に、身体的・精神的なエネルギーの入替が起きます。
不要なものを手放すという部分的な入替の人もいれば、総入替のような状況になる人もいます。
入替は変化に対応する為に起きるので、抵抗するよりスムーズな入替となるようにすることが大切です。

④ヒーリングに集中できない
ヒーリングに集中できるように準備していたにも関わらず、ヒーリング中に家族が話しかけてきたりしてヒーリングだけに集中できない状況になった場合、それも含めてのヒーリングです。

このように集中できない場合、ヒーリングの効果が落ちたりするように感じられるかもしれませんが、「全ては必然である」の言葉にあるように、必然として起きているのですから、必要なことが起きているだけです。欠けているものはありません。

まず大切なのは、起きた事を良い/悪いとか評価することではなく、起きたという事実を評価なく受け入れることです。

最初から読む:

先日、1月6日の日食に合わせて、日食ヒーリングを行いました。 その概要について書いておきます。 ●参加者限定の日...