[遠隔セッション] 覚醒とは何か

今回の遠隔セッション(2/22-3/22)のタイトルは、「覚醒」となりますが、覚醒について説明しておきます。
人はみな、大元を辿れば神であり宇宙そのものという存在です。その神の世界では体験できないことがあり、体験の幅を広げることを目的として、地球を創造し、人という肉体的な存在という体験をしています。

地球というのは、自分というのは肉体的な存在であり、小さく、能力には限界があるという体験をする場所なので、このセッションに参加される方がそのように想えたり、体験しているとしても、それはそもそもの目的に叶ったことであり、大きな視点から見れば良いことになります。

そういった体験から、次の段階として、神であった時に少しずつ戻るというのが、セッションに参加されている方々の現在の道であり、覚醒への道であるということです。

ここで重要なのは、何かを加えたり・付け足したりすることではありません。そういったことを行うのは、自分が小さく、能力には限界がある意識をより強化してしまうことになるので、覚醒とは逆のコースになります。

大切なのは、そもそもの姿を取り戻すということであり、現在身に着けている限定的な概念や考え方に変わる新しい概念を取り戻すということです。

なので、今回のセッションでは、何かを足す・加えるではなく、クリアにする、これから先の人生において、役に立たない・不要な概念を捨てる。もっと大きな自分に戻れる概念を取り込むということになります。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。