処暑

今日(8月23日)は処暑(しょしょ)になります。

“「処暑」も各地で37度超の残暑(NHK)”というニュースが流れていたりしますが、立秋の記事でも書いた通り、二十四節気は基本的に、「これからどうなるかを表している」暦なので、「処暑なのに残暑」という表現は正しくありません。

処暑を過ぎると、まだまだ暑い時期ではあるけど、これからだんだんと気温が下がって行くので、日中でも秋を感じるようになる。という意味に捉えると、これから季節がどう変化して行くのかが分かりやすくなります。

夏の一番熱い時期が「立秋」になり、これから気温が下がり始める時期が「処暑」になりますが、二十四節気は、これからどういう季節に向かうのかを知ることで、この暑い時期を乗り切るための「心のクーラー」という昔の人の知恵です。

一番熱い時期に「秋」を思うことで、少しでも涼しさを思い起こす。暑さが和らぎ始めるこの時期に「暑さが峠を越える」を思うことで、あと少しをがんばれる。二十四節気はこういった使い方が一番良い使い方です。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。