スピリチュアルな見方

スピリチュアルな見方の特徴の一つは、「排他しない」ということです。

白も黒も認めるという立場になります。

白が好きで、黒が嫌いというのは、一種の排他になります。

白にも、黒にも、存在している理由があります。

大切なのは、存在している理由です。

白も黒も、元を辿れば「一つ」ですから、排他というものにはなりません。

「排他しない」ということをベースに考えてみると、違う世界が見えてきます。

それは、もっと高い視点から、見る・考えるということになります。

高い視点から、この世界を見ることは非常に重要です。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. Ike より:

    存在する理由・・・・なるほど。。。
    理解できなくても認めなければいけないのかな。。

  2. 八雲 より:

    Ike さん
    理解できなくても認めなければいけないのかな。。
    今は理解できなくても、将来理解できるようになるということは、よくあることです。なので、無理に認めるというのではなく、理解できなくてもそれを許可するということが大切です。

テキストのコピーはできません。