遠隔ヒーリングのエネルギーを受取るには、日本に居ないとだめなんでしょうか?

※技術メモの記事が続いたので、本来のスピリチュアルの記事に戻ります。

12月は、冬至と日食の遠隔ヒーリングが続きます。
そのことについて、質問がありました。

遠隔ヒーリングを受けるには、日本国内に居ないとだめですか?

結論から言えば、海外に居てもヒーリングエネルギーを受取ることができます。

ヒーリングのエネルギーは、上位次元のエネルギーを扱います。

上位次元には時間の概念が存在せず、全ては「今ここに存在します」。時間がないので、移動という概念も存在しません。

移動は、速度×時間=距離 で表されますが、上位次元ではこの公式の「時間が存在しない」ということです。なので、距離が関係なくなってしまいます。

なので、遠隔ヒーリングのエネルギーを受取る場合、距離が関係なくなるので、近いとか遠いということも関係がありません。

なので、

日本でも、海外でも、遠隔ヒーリングのエネルギーを受取ることができます。

ただし、海外の場合時差があるので、日本時間の21時に合わせて受取るか、タイムシフトで受取って下さい。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。