「わかっちゃいるけど、できない」を克服する

「これをすると良い」、「あれをすると良い」と、色々なイイコトを聞いたり読んだりするのだけど、なぜかそれができない。

ということは、よくありますね。

出来ない理由は、知っているからです。

知ったことが即行動にはつながらないという経験がありますね、一方では知ったら即行動する人がいます。
なぜ違いがあるのかというと、「知る」ということが人によって実は大きく異なっているのです。

人間が知って、行動に移るまでの段階は、三段階あります。

―――――――――――――
知っている ・・・ 知識
―――――――――――――
理解している ・・ 知恵
―――――――――――――
行動する ・・・・ 生き方
―――――――――――――

知っている:
知識・情報として記憶しているだけなので、判断するときの考え方になっていません。
そのため、知っているけど、できないという状態。

理解している:
単なる知識、情報ではなく、自分自身の考え方までになっています。
ただし、判断するときに、他の要素が優先される場合は、行動に結びつかないということになります。

行動する:
「イイコト」が自分自身の生き方になっている状態です。
なので、「知ったこと」が、自然と行動に結びつきます。

知るだけでは、行動になりません。ただ、知識だけが多い人に留まります。
スピリチュアルな事柄においても、「知っている」に留まっている人が多いのが実情です。そうなると、ただの頭でっかちな人で終わります。

「イイコト」を知ったなら、理解して生き方に切り替えていくことが必要です。

「イイコト」生き方に切り替えるには、頭で判断していては実はダメでなんです。
このことを知らない人が多く、頭で判断すればなんとかなると思っているのですが、無理です。

大切なのは、「イイコト」を「理解」したら、次にやることは、「無条件に飲み込む」こと。

生き方というのは、頭の判断ではなく、直感的な反応なので、理解まで進んだら、あとは飲み込んでしまうことが大切です。

飲み込んでしまえば、それは知っていることではなく、生き方に転換します。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。