東の空から 11月8日

月の傍に光る金星

早いもので、今年もあと残り二ヶ月になりました。

ちょっと気が早いと思うけど、穴八幡宮の一陽来復の貼り方を検索している人が出てきたので穴八幡宮の記事三本(一陽来復の頂き方、貼り方、代理参拝)の記事を2023年度版に更新してアップしました。

11月のコロナ対策は、第七波が収束方向にあり、重症化率の低下がありますから、参加される方は少なくなると思いますが、少なくとも年内はコロナ対策の遠隔ヒーリングを行います。来年については、1月初頭の状況を見てから考えることにします。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。