東の空から 11月05日

今回の空は、京都の空なので西の空ですが・・・

十二年周期で見ると、

2018年10月は、まさに新たな十二年周期の始まり。

10/6~10/8の三連休に神護寺の五大虚空蔵菩薩を拝観(リンク)し、そして虚空蔵尊のお勤めを行っている(リンク)というのは、これまでの神社参拝の先にあるもので、新たな十二年周期の始まりを強く感じます。

この新たな十二年周期は、スパイラルの上昇のように、

これまでの流れの上に、新しい流れが出て来るものなので、これまでの知識や経験があるからこそ起きる流れです。

次の段階へ進む為の成長であり、スピリチュアルな仕事をする上で、幅と高さの両方を手に入れるために前進しています。

PS
プロフィールページの顔写真が古くなってしまったので、そろそろ写真をリニューアルしたいと思います。

(関連記事)

十二年周期の人生の四季を、私自身について算出してみると、こうなります。 グラフの縦軸は、一般的には運気と呼...