成長はスパイラル

スピリチュアルな成長を続けていると、昔出会ったテーマをもう一度レベルアップした形で取り組むことになることがよくあります。占星術では1室から12室までテーマがそれぞれ出てくるのですが、これと似た感じがします。
人生の基本的なテーマは大体12ぐらいに区分できて、それらのテーマをあるものは、ただ通過し、あるものは正面から向き合うということになります。そしてそれが一巡すると、また同じテーマを高い次元で取り組むことが必要になってきます。
成長というのは一直線でもなければ、曲がりくねった道でもなく、上昇するスパイラル(螺旋)であるように思えます。
なので、昔と同じテーマがまた出てきたとき、それは自分自身が成長しているのか、もう一度向き合うことになっているのかをチェックすることで、自分の成長を確認することができます。
ただし、このスパイラルは一生のうちに何度も回転するテーマもあれば、一生をかけて取り組むテーマもあるので、全てのテーマが何度も現れてくる事ではないようです。
私の場合、これまでは言わば「流れに乗る」という生きかたで旨く行っていたのが、どうもそれだけでは足りなくなってきています。
「流れ」に乗るというのは、案外難しいらしくて、まず、
1・「流れ」に乗る
ということがテーマになっている人が一般的には多く見られるようです。
流れに乗ることができるようになったら、次の段階は、
2・「流れ」を創る
となってくるようで、私自身のことで言えば、これまでは自然な流れに乗っていれば、よかったのですが(興味のあることを追求すると、それが自然と仕事になっていく)どうやら、次の段階として「流れ」を創るということをしなければならないポイントに来たみたいです。
スピリチュアルな本などでよく言われるのが、ワクワクした流れに乗っていれば自然と良い事がやってくるというものですが、これは確かに(上記の)1のレベルでいる人にとっては、それを実現することが必要。
そして、そのレベルを通過すると、創造者として「流れ」を創る・クリエイトすることで、他の人たちが乗れる「流れ」というエネルギーを生み出していくという段階に進むみたいです。
この先は想像ですが、この次の段階としては、もっと「大きな流れ」に乗るという段階に進むのではないかと思っています。
あなたは、今どの段階にいますか?

テキストのコピーはできません。