放射線を理解するセミナー (3/13更新)

色々な場所で、放射線測定をしてきました。 測定箇所は既に数十か所になります。

出先で放射線測定をしていると、その場で放射線量について人から聞かれます。つまり、地元の人や観光で来ている人でも正確な状況を把握しているわけではないので、測っている人に聞くわけです。

福島原発は、まだ安心できる状況ではありません。今後さらに被害が拡大する可能性があります。そのため、放射線測定については、東京に住まいする人にとって基本的な知識として知っておく必要があります。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です
http://www.youtube.com/watch?v=CezLuBZqd8U

問題なのは、正しく理解していないで、放射線に対して、「思考停止している」、「根拠のない、安全という思い込み」、「極端に怖がる」といったことです。

これらは、スピリチュアルの世界で言うところの「お化け」とよく似ています。お化けは、正しく理解すれば、怖いものではない存在なのですが、多くの場合は正しい知識と理解がないために、意味なく怖がっているという状況です。

昨年の震災以後、東北地域のみならず一都六県においても、放射線の正しい知識を持って、放射線と付き合わなければならないのが実情です。

そこで、放射線についてどう付き合っていくことが必要なのかについて、セミナー形式でのお話しと、実際に簡易放射線測定器を使って放射線の測定を行います。

なお今回は、空間線量を測定することや、外部被爆の話が中心で、内部被ばくの話はメインのテーマではありません。また、私は医療の専門家ではないので、医療的な事柄については、私の考え方をお話するのみとなります。
東京のみならず、千葉・埼玉・神奈川・山梨などの地域からの参加も歓迎します。

今回は、都内で実施するので、放射線量の低い安全な場所での測定になります。

■日時 2012年3月18日(日) 10時~13時
■場所 日枝神社・山王茶寮(御茶代は各自負担をお願いします)
■参加条件 特にありません。どなたでも参加できます
放射線測定器はこちらで三台用意しますので、持っていない人でも参加できます。お持ちの場合は、持参してください。
■定員 10名程度
■参加費用 ドネーションになります。参加費用はご自身でお決め下さい。
■参加申込 以下のフォームで、備考欄に「東京で放射線を理解するセミナー」と記入して下さい。
セミナー・ワークショップ申込
http://form1.fc2.com/form/?id=526376