2006年1月1日は一日がいつもより長い

原子時計で刻む1秒と天体の進行にはわずかな差があり、少しずつ差が広がっていくため、うるう秒によって調整されます。
日本では、8時59分59秒と9時00分00秒の間にうるう秒が挿入されるため、「8時59分60秒」という珍しい時刻がカウントされます。
詳しくはこちら
日本標準時グループ うるう秒対応
http://jjy.nict.go.jp/news/leaps.html