セルフヒーリングについて

※この記事は、私のヒーリングセミナーに出席した人向けの内容です。
セルフヒーリングについては、手を当てる方法をお勧めしてきましたが、新しい方法によるセルフヒーリングの方が効果的であると感じられるので、こちらに書いておきます。
(1)概念
通常のヒーリングにおいては、ヒーラーとクライアントが別々の人になりますが、新しいセルフヒーリングにおいては、自分自身の「本体」を使うことになります。
自分自身の「本体」とは何かというと、一般にはハイアーセルフなどと呼ばれている自分自身の高次元存在のようなものになります。
実際には、人という存在は、高次元側から地球という低次元世界にくだって来たわけですから、高次元側の存在というのは誰にでも存在するものであり、さらにこちらの方が人間という存在における「本体」ということになります。つまり、これを別の表現で言うなら、COREとも言うものになるので、このセルフヒーリングのことを「コア・セルフヒーリング」と呼ぶことにします。
コア・セルフヒーリングにおいては、自分自身の「本体」がヒーラー、肉体側の自分自身がクライアントという設定でヒーリングを実施します。
つまり、自分自身が二人いて、ヒーラーとクライアントのそれぞれを分担することになります。
最初はイメージが難しいかもしれませんが、もう一人の自分(「本体」)が存在すると想像してみてください。これは確実に存在するわけですから、実際には想像しなくても存在するのですが、ヒーリングを実施する上では、想像でもかまいません。
(2)手順
通常のヒーリングの手順をそのまま行います。
この場合、肉体側の自分はクライアントなので、特に何かをすることはありません。ヒーリングエネルギーを受け取るだけに専念します。
もう一方の、「本体」側では、ヒーリングセミナーでお伝えしているヒーリングの手順をそのまま実施します。
肉体側と「本体」側の両方のイメージが同時に出来る人は、その方法で行ってください。
両方をイメージするのが難しい場合は、ヒーラー側すなわち「本体」側のイメージを設定し、ヒーリングを開始したら、肉体側に戻ってヒーリングエネルギーを受け取るという順番でかまいません。
ヒーリングの終了手順についても同じで、肉体側と「本体」側の両方のイメージが同時に出来る人は、その両方をイメージして行ってください。
両方をイメージするのが難しい場合は、肉体側から、ヒーラー側すなわち「本体」側のイメージに移行して、ヒーリングの終了手順を行い、終了したら肉体側に戻ってくるという順番で行ってください。
(3)最後に
このコア・セルフヒーリングについては、一人で出来るものなので御自身で行ってみてください。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

6月は、新型コロナウィルス対策 遠隔ヒーリングと、夏至の遠隔ヒーリングおよび伊勢神宮代理参拝を行います。

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。