神社に呼ばれるとは?

「神社に呼ばれる」という表現をよく使っていますが、「呼ばれるって、どういう感じですか?」という質問もよく受けるので、ちょっと書いてみたいと思います。

「呼ばれる」ということに関しては、それを表現する良い言葉が日本語にはないので、「呼ばれる」という言葉で代用しているのが現状です。
しかし、それだとこちらのブログを読んでいる人には、よくわからない表現になってしまうので、少し解説してみたいと思います。
あくまでも、私の体験ということなので、書いておきます。

「呼ばれる」ことと、それに従って「行動する」というのは、一般的には二つの事象とされますが、真に呼ばれる場合、それは二つの事象ではなく、ただ一つの事象です。
つまり、「呼ばれる」ということは、その場に行くための「行動する」ということと、分離できない一つのことになります。
なので、その場に行くということが、自然な行動になってしまいます。

英語で「Nature calls me」という言葉がありますが、まさにそんな感じです。
あるいは、「腹が減ったから、何か食べる」という行動・行為と言ってもいいでしょう。
つまり、呼ばれる=行動するが、完全に一体化しているのであって、「呼ばれた」→「行く」という因果の関係ではなく、「呼ばれる=行く」という一体化になります。

なので、行かないという選択肢はここにはありません。
登山家が、「山が私を呼んでいる」という言葉を発することがありますが、その心象は私にはとてもよく理解できます。
「行かない」という選択肢がない状態です。

この感覚は、分かりにくいかもしれませんが、「腹が減ったから、何か食べる」というのは、誰にでもある体験です。この感覚が神社に呼ばれるという感覚と同じです。
つまり「腹が減る」と「何か食べる」の間に、疑念も疑問もない状態であるということです。

なので、「呼ばれる」と「そこに行く」との間には、疑念も疑問もない状態であり、行かないという選択肢すらありません。これは抵抗しているということではなく、そもそも行かないという選択肢を考え付かないということです。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。