920号室コードブルー

今日は、夏風邪と咳喘息の継続受診で病院に行ってきました。

受診後に、館内の食堂で昼食していると、全館放送で「920号室コードブルー」というアナウンス。

初めて聞く全館放送のアナウンスだったので、自宅に戻って「コードブルー」って、どういう意味なのか調べてみると、ありました。

看護用辞典ナースpedia(リンク)から引用:

コードブルーとは、患者の容態急変などの緊急事態が発生した場合に用いられる、救急コールのことである。code blue。
コードネームで知らせることで、病院内の一般人などが混乱しないようにしている。
コードブルーが全館放送でコールされた場合は、手が空いている医師や看護師に至急全員集合してほしい場合である。スタットコールやドクターコールなどと言われることもある。

ナースpediaによると、他にコードゴールドとかコードレッドなどの救急コールもあるようです。詳しくはナースpedia(リンク)を参照してください。

920号室の患者さんの容態回復を祈ります。

【8/19補足】

コード・ブルーと言うと、フジテレビ系列で放送された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命』のイメージが強いのですが、「コードブルー」はドクターヘリだけの救急コールを意味してはいません。
一般的に、手が空いている医師や看護師に至急集合して欲しい時に病院で使われている救急コールです。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。