水銀灯の緑かぶりをPhotoshopで補正する [2018/5/9更新]

※最新版のPhotoshop CC (ver 19.1)のダイアログに更新しました(2018/5/9)

デジカメで夜景を撮影していると、緑かぶりすることがあります。
これは、照明が水銀灯になっている場合で、水銀灯は一見すると白色光ですが、自然光に比べると、スペクトル的にはかなり偏った光を発しているため、デジカメで撮影すると緑かぶりしてしまうことがあります。
こちらが、典型的な緑かぶりの写真です。

Img_05601
デジカメによっては、水銀灯のホワイトバランスに対応しているものもありますが、高級なデジカメでも、対応できていないものもあります。このあたりは撮影素子の特性にもよるので、難しいところです。
デジカメにホワイトバランス補正機能を搭載しているものもありますが、撮影素子の特性の関係でカメラ側では補正しきれないこともあります。

これはPhotoshopの色相・彩度でレタッチ(補正)することが可能です。

色相・彩度は、Photoshopのメニューで、
イメージ > 色調補正 > 色相・彩度
になります。

このメニューで、


上記のように、グリーン系の彩度を落として、下の色相のバーを調整すると、実際の風景に近い写真になります。
修正した結果がこちら。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。