占学と占術

例えば西洋占星の世界では、西洋占星学という言い方をされることもあれば、西洋占星術という言い方をされることもあります。占星学なのか、占星術なのか、どちらが正しいのかという議論がされることもありますが、どちらも必要です。

西洋系でも東洋系でも同じなのですが、基礎的な理論を語る時は、占学になります。
占学は基礎理論であり共通の理論として重要なのですが、クライアントさん一人一人に合わせて読み取る時に、単に共通の理論である占学を単純に当てはめただけでは、当たらないということが起きてしまいます。

なので、基礎理論である占学を使って、クライアントさんごとにどう読み分けるのかは、占術の世界になります。
占術で、クライアントさんごとの事情に合わせて読み取るには、スピリチュアルな能力を必要とします。

つまり、同じ占学を扱っていても、当たる占い師と当たらない占い師が居るのは、占術を駆使できているかどうかの違いであり、占い師のスピリチュアルな能力に掛かっています。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。